NEWS

AXEからのお知らせ

2020.06.29
【使用事例 / ユーザー様の声】オーバーグラス PG-605




医療機関の方からのお声①(職業:医師)
■ 本製品をどのように知りましたか?
朝日新聞で紹介されていたのを見て。

 
■ 本製品を選んだ「ポイント」があれば教えてください?
飛沫防止の意識の高まりと共に、医療現場ではゴーグルを着用することが増えました。
ホームセンターなどで販売されている防塵用グラスはメガネの上からではフィットしない上に、
レンズが曇りやすく視界がぼやけるといった不満ありました。
そんな時、朝日新聞の記事を読み、「これは使いやすいのではないか」と思った。

 
■ 実際に使用されてどうでしたか?
フィット感があり長時間使用しても耳の後ろが痛くなることがなかった。
また、視界が良好で疲労を感じられなかった。


■ どんなシーンで使用されましたか?
内視鏡検査時に重宝しています。
感染疑いの患者さんの診察時にはもちろん欠かせません。




■ お気づきの点があれば教えてください。
医療関係者は女性が多いので、ワンポイントでも明るいカラーのものを出してはどうかと思います。


「withコロナ」これからの生活に関してお聞かせください。
■ 最も影響を受ける医療関係者様が、職務の中で困っている事があれば教えてください。
〈自分自身が感染するのではないか〉〈周りに感染させてしまうのではないか〉という状況での
医療活動は非常にストレスです。
マスクやアルコール消毒剤などの医療資材は、ようやく品不足が解消されてきたのでホッとしています。


■ 一般の方、企業に望む事があれば教えてください。(ex:メッセージや開発してもらいたいもの)
病院職員にむけて、同僚に対して「ねぎらいと敬意」を払いながら勤務をしようと日頃言っております。
感染したことを非難しても仕方がありませんので「思いやり」というのが最も重要だと思います。




■ その他、気になることがあれば教えてください。
新型コロナ感染予防で医療従事者(医師、看護師、リハビリセラピスト)のゴーグルの需要は一気に
増えました。
ただ、市販の物はよいものがあまりない中で今回使用した「PG-605」は非常によかったので、
同じ医師である知人にもすすめました。
今後より多くの医療従事者に、この商品が行き渡る事を望みます。





▶ アックス担当者 コメント
この度はご返答いただきありがとうございました。
実際に医療現場の最前線からのお声は非常に貴重です。
これからもアックスは「必要とさせるものを、必要とされている方へ」お届けし続けます。