FUNCTION_EYECURE(アイキュア機能詳細)
商品一覧ページへ

アイキュアは、誰もがなりうる現代病であるドライアイや、花粉症に悩む方々の症状緩和と予防を目的として開発されました。様々な機能で、快適な装着感と安全性に配慮して目を保護します。

DRYCUT&EYEPROTECTION

ドライアイ、術後、防塵、PM2.5...日常生活に潜む悪影響から目を守り、潤いを与えるメガネ【アイキュア】

  • 花粉症対策に
  • ドライアイ対策に
  • ドライアイ診断はコチラ

PM2.5対策

1 クッションサイドガード

クッションサイドガード

ソフトで弾力性のあるエラストマーを使用することで顔にやさしくフィットして、外から異物の混入を低減させます。また変色・変質することがなく水洗いも可能です。半透明のクッションガードに顔の色が映り込むことで、従来の防塵メガネにありがちな不自然さが軽減。普通の眼鏡をかけているような自然の印象でお使いいただけます。耐アレルギー性も備えており、長時間のご使用でも安心してお使いいただけます。
※全てのアレルギーに対応しているわけではありません。

2 Dry Cut (目の乾燥防止)

Dry Cut

保水パックに水を注入して装着することで、
フレーム内の湿度が保たれ目の乾燥を防ぎます。
※アイキュアkidsは対応しておりません。

3 Dust Cut&After Operation(防塵・術後)

Dust Cut&After Operation

クッションガードにより、風・埃・花粉など侵入を防止します。
又、白内障の術後用としてもお使いいただけます。

A Optical(度付き対応)

Optical

ノースパッドに取り替えれば、通常のメガネとして使えます。(度付きレンズの装着は眼鏡店、専門店での対応となります。)

B フレキシブルラバーテンプル

フレキシブルラバーテンプル

ラバー部分に芯材をインサートすることで、個々の骨格に合わせて角度・カーブの微調整ができます。そのため、頸部に負担がかかりにくく、長時間でも快適にお使いいただけます。

C ポリカーボネイトレンズ

ポリカーボネイトレンズ
(アメリカ・ANSI規格による)

対衝撃に優れ、高い安定感と超軽量という特性を持っています。スポーツサングラスに多く使用されている、高性能なレンズです。

D 硬質ナイロン(TR-90)

硬質ナイロン(TR-90)

弾力性があり折れにくい素材。耐アレルギーの性質も持っているので、安心してお使いいただけます。
(すべてのアレルギーに対応しているわけではありません。)

アイキュア EYES CURE -EYE PROTECTION- 度付きレンズ対応 kid'sこども用

緑内障や糖尿病網膜症など、視力低下や視覚異常の症状に加え、光に対して過敏になる弱視の方のためのロービジョンケアグラスです。普通のメガネでは上下や横から光が進入し、遮光レンズの機能を低下させてしまいますが、不透明のクッションサイドガードを採用することにより、進入する光を大幅にカットします。

Dry Cut (目の乾燥防止)

ドライアイの方に

クッションサイドガードに付いている保水パックを取り外す。保水パックを二つに割り、間に保水シートを挟む。保水パックをクッションサイドガードに取り付け、注水器で保水パックに水をふくませる。周囲の状況により時間は異なるが、保水シートが乾く頃に追加注水する。保水シートの耐久性は1ヶ月以上あるが、季節によってはカビ発生などの問題があるので衛生面から早めの交換をお勧めします。

保水パック

アイキュア装着時のフレーム内湿度の変化テスト

花粉症の方に

上から見た顔とフードの隙間を比べてください。EYES CURE(上図)と一般的な花粉症グラス(下図)ではこんなにも隙間の狭さが違います。EYES CUREの密閉度の高さが解ります。なぜこのような違いが出るのでしょうか。EYES CUREは、素材の特徴を活かし、日本人の顔に合わせて設計されているからです。顔の形状だけでなく調節可能なフレキシブルラバーテンプルやソフトで弾力性があるフードの形状とのマッチングで日本人の顔にフィットするフレームになっています。ノーズパッドとブリッジの幅が合っていないメガネは下がりやすくなり、メガネが下がると隙間が広くなります。花粉症グラスやプロテクショングラスにとって最も重要なポイントです。

EYES CURE(左)と一般的な花粉症グラス(右)のノーズパッドを比べるとEYES CUREの鼻パッドは高く作られているのが分かります。一般的な花粉症グラスは鼻パッドが低く鼻幅が広い欧米向けと思える製品が多く見かけられます。

鼻パッド比較

創業約80年になるAXEのノウハウは、平均的な日本人の顔の形状だけでなく鼻幅、鼻の形状等を知り尽くしているから日本人の顔にフィットするフレームが作れるのです。

EYES CURE(下)
EYES CURE
一般的な花粉症グラス(下)
一般的な花粉症グラス

ドライアイ「誰もがなりうる現代病」

パソコンやテレビ・携帯電話等のモバイル類の画面を見続ける機会の増加により知らず知らずのうちに目を酷使していて、目が疲れやすい、なんとなく目に不快感があるといった人が増えていいます。こうした疲れ目の原因として最近増加しているのが目の乾き、ドライアイです。ドライアイは、涙の量が足らなくなったり、涙の成分変化により、目の表面に傷などの傷害が生じる病気です。

涙の機能について

眼は涙とまぶたによって守られていて、次の様な保護機能になっています。

  1. 1. 乾燥防止
  2. 2. 洗浄
  3. 3. 殺菌
  4. 4. 栄養補給
  5. 5. 平滑な光学面の形成

涙は、まばたきによって、目の表面に薄い膜を作り出しますが、ドライアイの場合まばたきをしてもこの膜を修復できず、穴があいたような状態になりそこから異物や雑菌が目に入りやすくなりさまざまな目の病気を引き起こす可能性が高くなるといわれています。

ドライアイのおもな症状

  1. 1. 目が乾く
  2. 2. 目がゴロゴロする
  3. 3. 視力が落ちてきた
  4. 4. 目が痛い
  5. 5. 光がまぶしい
  6. 6. 目が重い
  7. 7. 視界がかすむ
  8. 8. 涙が止まらない
  9. 9. 涙が出ない

軽度でも長い期間見られる症状(年に1、2度程度は除く)はいくつありますか?

  • 目が疲れやすい
  • 目が痛い
  • 目やにが出る
  • 目がゴロゴロする
  • 理由もなく涙が出る
  • 物がかすんで見える
  • 目がかゆい
  • 目が重たい感じがする
  • 目が赤くなりやすい
  • なんとなく目に不快感がある
  • 目が乾いた感じがする
  • 光をまぶしく感じやすい
自覚する症状が5つ以上あるとドライアイの可能性が高くなります。

※気になる症状が多い方は、ガマンできるからと放置しないで、早めに眼科専門医に相談しましょう。

注意すべき生活習慣・環境

1. 仕事などでパソコンを毎日長時間使う方
画面を凝視しているとまばたきの回数が激減し涙による保護が充分なされなくなります。
2. コンタクトレンズを装着している方
コンタクトを使用されない方に比べて目が乾燥しやすい状態にあるようです。
3. エアコンを長時間使う方
エアコンの長時間使用により室内の空気が乾燥して(特に暖房)肌だけでなく目も乾燥させます。
4. 花粉症の方
2つの病気には「目のかゆみ」「目の充血」「異物感」など共通の症状があり相互にかかわりあっている可能性があるといわれています。
5. 定期的に長時間運転をされる方
視覚の緊張によるまばたきの減少やカーエアコンによる室内の乾燥が眼の乾燥につながる可能性があります。

日常できる予防策

1. 目が疲れたら休ませましょう
蒸しタオルを5分間くらい閉じたまぶたの上に乗せ、目を温めて目の血行を促進します。
遠くと近くを交互に繰り返して見、目を動かして目の緊張を和らげます。
2. 涙の乾燥を防ぎましょう
意識してまばたきの回数を増やします。点眼液を適度にさします。(点眼液もさしすぎてしまうと、乾燥する事があります)
3. 室内の乾燥を防ぎましょう
エアコンの効きた部屋は乾燥していることが多い為、加湿器などで湿度を保ちます。
さらに、エアコンの風に当たらないようにします。
4. コンタクトレンズの使用は眼科医の指示を守りましょう
コンタクトは角膜にふたをした状態で新鮮な涙を供給する事ができない為、なるべく使用を避けた方が良いでしょう。ドライアイ用メガネの着用も効果的です。